私の歯並びが悪いのは親の責任?

アメリカなどでは、歯並びが悪い場合にはすぐに歯の矯正治療をするということが常識のようになっています。ところが、日本の場合にはアメリカ程歯の矯正治療に積極的ではないために、歯並びが悪い状態のままで大人になってしまうという方もかなり多いようです。そうした歯並びが悪くなる原因について調べてみると、幼児期の指しゃぶりが長引くと上下の前歯の噛み合わせが悪くなって、上下の前歯を閉じた状態でも隙間が開いてしまうそうです。あるいは、歯が生え換わってグラつき出す前に大人の歯が生えてきたりするケースもあるようです。

その他にも、偏った食事などが多いと大人の歯が生えるまでに、顎が十分に成長しないということにもなってしまうようです。そうした子供の頃の歯の成長のことともなると、当然のことながら本人自身は子供なので、大人の歯が全部生えそろった時点で歯並びが悪くなるといった先の話まで見据えることは出来ないでしょうね。そういう意味においては、親が面倒を見ないといけないといった義務や責任が伴うということにもなるでしょうね。

また極端な例を挙げると、歯の矯正には保険が適用されないということで高額になるようなのですが、そうした費用の面が原因で子供の歯の矯正に親が積極的ではなかったというケースもあるようです。こうした歯並びが悪いまま放置しておくと、見栄えが悪くなるというだけでなく、偏頭痛や肩凝りなど身体の機能にもあちこち支障が生じてくるようです。

ちなみに近年では、歯の矯正技術もかなり進歩していることから、自分で働くようになって経済的にも自立しているということもあって、人知れず歯の矯正をしているという方も多いようです。